06<<  2017.07 >>08
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

冬月

Author:冬月
*まずはごあいさつ*
いらっしゃいませ、迷子空間へようこそ。
使用上の注意をお読み頂き、両足放り出してのさばって下さいませ。
え、2度と来ない?ソウデスカ…。

*使用上の注意*
1.宣伝目的は嫌です。
2.管理人が問題があると判断されたコメントはドナドナ(消去)します。
3.管理人の冬月は適当で、かつホラーです。
4.管理人の冬月は日本語が不自由なので、フィーリングで記事を読んで下さい。
5.寝落ち推奨。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク


検索フォーム


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


睡眠不足
どうも昨晩は寝れなくて。
でも、寝ない訳にもいかないのでずっと横になっていました。


何とか寝れたのですが、ものすごい夢を見てしまって心臓バクバクで
飛び起きましたよ…。
お陰で睡眠不足ですorz


夢の内容はグロテスクすぎるので折りたたみ。



ある国の地下で、儀式が行われていました。
壁の石と天井の石を縄でくくりつけているのですが、
その周りをまた同じように壁と天井を縄でくくりつけて囲み
またその周りをry

箱を開けたら小さい箱が入っていて、またその箱を開けたらまた箱が
みたいなイメージでしょうか。


一番中心は比較的狭いんですが、一番外側になる場所はそれこそ東京ドーム
ひとつ分くらいのよくわからない広さなんですけど。


その国の民謡と思われる曲が流れ、それに合わせて人々が壁と天井を括り付けてる
縄をほどいていくという謎の儀式してました。

それをほどいて崩れなければ大いに盛り上がる儀式なんでしょうかね。
そんな感じでした。


誰かが「やめろ、崩れるぞ!」と言うのですが、人々は縄をほどくことをやめず
ついには中央から崩れてしまうという。

人々が絶叫しながら逃げ惑いますが、崩れた岩が人々を押しつぶしていきます。
砂埃を巻き上げ、色々なものを飲み込んでいきます。


地上では儀式の失敗を感じた人々が信じるものを失った表情をしていて、
逃げることもしません。



そのとき、空から飛行機の音が聞こえます。
戦闘機のようなものが飛んで行きました。



シーンは変わって、木々が茂る国です。

その国はすぐ隣の国から侵略を受けていましたが、現在では同盟を結び
細々と暮らしていました。
国は別ですが、人種は同じです。


細々と平和に暮らしていましたが、隣の国の人たちが突然攻めて来ました。
「お前らの土地をよこせ」と。

木々が茂る国の人たちは、
「お互い長い間話合って平等になるように土地を分けた。
 お前たちの国が食料不足になれば我々は分け与え、
 もう争わないためにしてきたじゃないか。
 何故それで不満があるのか。」
と唱えます。

隣の国の人たちは悲しそうに答えました。
「生き残る為には、お前らの施しだけでは足りない。
 我らが生きるか、お前らが生きるか、2つに1つしかないのだ。」


戦争が始まりました。

木々が茂る国の人たちは武器を持っていません。
それに戦えそうな人もいません。


木々が茂る国の若い男たちがその数日前に隣の国から
「話し合い」という名目で召集されており、不在でした。

そして、殺されました。
銃というより大砲に近い機械で、殺されました。
頭がことごとくペチャンコになり、人によっては首から上がありません。
衝撃がすごいからでしょう、ゴム人形のような状態になっています。
夥しい血が部屋中にこべりつき、おぞましい匂いを放っています。


そんな老人たちや子供たちしかいない木々が茂る国に、
先ほどの戦闘機が飛んで来ました。

絨毯爆撃です。
…とは言え、何か爆発しない仕様でしたので、ものすごい数の鉄の塊が
空から落ちてくるだけですが。
高いところから落としてるものなので、それでも当たれば死にます。
逃げ場を失った人たちが悲鳴を上げ、頭を抑えて木の下に隠れます。
鈍い音が響きます。


その国にずっと滞在していたジャーナリストはその様子を見て、
「俺には帰りを待ってる奴がいるんだよ。
 妻と子がさ。
 お前、独り身だろ?
 じゃ、あと頼んだわ。」
と、相方に色々押し付け逃げました。

最低な奴です。


人が死んでいきます。
鈍い音を立てて死んでいきます。

私はそれを遠くから見ています。



そんな血まみれな夢でした。

自分が人を殺す夢や、自分が殺される夢は見たことがあります。
ですが、こんな数千人単位で人が死ぬ夢は初めてで流石に怖かったです。

コメント

コメントの投稿













Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。