07<<  2017.08 >>09
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

冬月

Author:冬月
*まずはごあいさつ*
いらっしゃいませ、迷子空間へようこそ。
使用上の注意をお読み頂き、両足放り出してのさばって下さいませ。
え、2度と来ない?ソウデスカ…。

*使用上の注意*
1.宣伝目的は嫌です。
2.管理人が問題があると判断されたコメントはドナドナ(消去)します。
3.管理人の冬月は適当で、かつホラーです。
4.管理人の冬月は日本語が不自由なので、フィーリングで記事を読んで下さい。
5.寝落ち推奨。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク


検索フォーム


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


冷静になって考えたけど、やっぱり無理なもんは無理
トピックス:リンク一覧から「夢想日記。」を削除致しました。


長くなりますが折り畳みません。
この記事は宣戦布告書の返信及びに、それを受諾した記事となります。

怖いもの見たさ以外の方は早急にブラウザを閉じるか、
他のHPへジャンプすることを推奨致します。







9/30、メインで争奪中に呉のサブ宛てに孫迅雷さんから
こんな書簡が届きました。

書簡1

書簡2


はっきり言って、「は?」としか言いようが無いです。


確かに書簡に名前の書いてあった方とは確かに最近になって一緒にPTを組んで
乱戦に出撃しています。
ですが、何故私なんぞが動画に関してとやかくと言う権利があるでしょうか。
私は確かにPTをまとめていますが、PTメンバーを束縛するためにまとめてなんていません。
動画の管理はUP主が自分の責任であり、私にそれを管理しろと仰るのは
お門違いも甚だしいです。


次に、何故「リーダーのくせにそんな統率もとれないんだ」と
いきなり暴言を吐かれなくてはならないのでしょうか。
そちらのリーダーのあり方と、こちらのリーダーのあり方は必ずしも
同じではありません。
いきなり自分の物差しでのリーダー像を他人に押し付けるのは
失礼だとは思わなかったのでしょうか。
まぁ思ってたら送ってなんか来ないでしょうけどね。


まともに返事するのも腹立たしいし、ブログに書いてやろうかと思いつつ
とりあえずちょっと冷静になる必要もあると思い、対応を考えていたところで。


結局、動画をUPしていた本人のところへ交渉したようです。


じゃぁ、最初っから主に交渉しろよ。


これにより、私へ送られて来た書簡は元々失礼なものですが、
ただ丁寧な文章に装った暴言と一方的な押し付けを記した
失礼極まりないものへと変貌しました。



この書簡には「配慮」という言葉が今回も使われてますが、
「配慮」を欠いている方に「配慮」と言われたくないですね。
「配慮」の意味を「自分に都合にいいように周囲が動くこと」だと
勘違いしてませんか?

「配慮」とは、"心をくばること。他人や他の事のために気をつかうこと。"
という意味です。
まぁ、私は嘘書いてるかもしれないので己で辞書引いてください。



以前、私と桃華さんでモメたことありましたよね。
その時は、馬超シナのある試合で負けたときのことです。

桃華さんはブログで「こうしておけばよかったかなぁ」と書かれました。
それに対し、私もブログでのっかかった感じで
「ももちゃにこうやって伝えられたら良かったなぁ」といった内容を
書きました。

それに対して、「配慮が足りない」と二人してお怒りになられましたね。
「自分がこうできなかったという行動の反省点ならまだしも、味方に
 指示出来なかったのが反省点だと書くべきではない」と。

そのときの私は、「こう伝えられたら何か変わったかもしれない。しかし、
タイミング的にはあそこしかなかったから仕方なかったとも思える。
難しいなぁ。」という気持ちを込めて書いたつもりでしたが、
私の文章が稚拙だったためそのように感じられたのかもしれません。


まぁ、そんな事件もありましたが。
別にその事件のこと自体はいいんです。



ただ。
ただ、ですよ。


上記のように私に散々怒っておきながら、自分はブログで
「相手はPTだと伝えられなかったのが反省点」だと書くのは
配慮がある方々の行動ですか?

自分のPTメンバーをディスってんじゃねーかなと見てるこっちが
心配になるような文章も平気で書くのが配慮あるのですか?

自分達PTの反省点ではなく、野良だけの所為と受け取ってしまうような
文章を書くのが配慮あるんですか?

リーダーがどちらかなのかは定かではありませんが、
孫迅雷さんがリーダーなのであればそれこそ自分のPTメンバーの管理を
してからモノを言うべきですし、桃華さんがリーダーなのであれば色々と論外です。



ところで、こちらを当方の資料として添付致します。


※限定公開ですが、UP主許可取得済。
 この動画も以前は全体公開でしたが、交渉が来たようで限定公開とあいなりました。


して。
このUP主頑張れ動画の試合の後、この試合にて鉄槍で火薬行った方が
一方的に怒られてPTから外されたそうです。

拾ってきたのは孫迅雷さん。
拾うも捨てるもリーダー次第なので別にいいんですけどね。

ただ、火薬どうすればいいか悩んでいるGさんに対して
ちゃんと教えるとかどういうスタンスでやるとかレクチャーせず
「なんでお前は火薬壊したんだ」と怒られたんだって。
まぁ、Gさんから聞いた噂ですけどね。
実際、桃華さんのブログでもなかなかGさんに対して酷い言葉を
浴びせていましたが。


だけど、しっかり鉄槍のGさん以外のPTメンバーも火薬を壊してるログが
流れてるんです。
寸をするつもりだったのかどうか真意については知りませんが、
少なくとも敵視点から見たら一概にこの鉄槍の方だけが悪いとは言えず、
こっちがPT内で同様しましたよ。
「あれなんであの人だけが悪者にされたの?」と。

この事件後のこの方は流石にかわいそうでした。
私はこの方が無実だとは思いませんし、そこまでかばうつもりも全くありませんが、
すごい扱いだなと流石に感心しました。
PTで一緒にやった結果なのだから、連帯責任じゃないんですかね。



あとは問題の非公開にさせた動画の試合ですが。
桃華さんのブログの方に書かれてましたね。
野良の所為だと。

もう非公開にされているので見ることは出来ませんが、
その動画にはUP主と野良さんが対人しながら拠点を取り合う
熱い姿が映っていたんですよ。
本当に素晴らしい戦いぶりでした。
その戦いぶりも、「野良の所為で負けた」と書くことで否定とされてしまいました。


仕方ないので、こっち紹介しておきます。

※限定公開ですが、UP主許可取得済。
 音が途中で切れてるのは編集ミスったそうです。


動画見ると、なんと言いますか。
確かに火薬壊したのは野良の方ですが、これ本当に野良さんだけの所為にして
いいんでしょうかね。
「いくら寸するつもりであった」と主張されても、
これは思い切り壊す気満々だったようにしか受け取れません。


こうして見返してみると、動画を公開して欲しくないのは
何か後ろめたいことがあるから公開して欲しくないって言っているだけに
受け取らざるを得ないです。
また、昔から乱戦の動画をUPしている方の動画に
動画に何度も映ってもいるのを知っているのに
今になって急に「公開して欲しくない」と主張してくるのも
一貫性がある行動とは到底思えません。
同じ言うなら見つけた時点で主張しろ。



そして、文字と映像という違いはあれど、
ブログや無双SNSで活字として○○PTに勝ったの負けたのと書くのは良くて
動画で何かしら主張するのはNGというのも理解不能です。




そもそも、「配慮」を掲げる方であれば
現在乱戦界で最も嫌われているPTなんかになっていないと思います。




私は前シナまではハム・桃華さん・孫迅雷さんと4人PTを組んでしました。
私はフレに乱戦を教えたいという勝手な気持ちでPTを解消させて頂き、
今シナではきっと「あそこ上手いな」という話が耳に届くだろうと期待していました。
私のフレ達は乱戦を分かってる人から「何したらいいかわかんない!」という
無茶苦茶な状態を教えながら楽しむスタンスをするため
経験の差で勝てないかもしれないけど、良いライバルとしていけたらとすら
思っていました。


それがどうして、敵側の色んな方面から耳に届くのが

「無双ぶっぱ→無双溜め→ぶっぱ そんなんばっかり」
「野良を見下している」
「どうせ尖剣」
「こんな面白くないPTは他に類を見ない」
「間違ったPT名を出されて気分が悪い」
「××さんのコントローラーはNとCのボタンが壊れているとしか思えない」
「名前を出されたPTは3人PTで普通に野良の人と混じってやっていたのに
 "○○PTに勝ったと"ものすごい大人数PTであるかのように
 誤解を招くような書き方をされた」
「自分が勝ったら私たちのお陰、負けたら野良の所為にしか受け取れない」
「"相手の武器がアイテムがと言う前に腕を磨けば?"
 と書かれていたが、じゃぁ尖剣活丹ぶっぱをやり返せばいいんだね。
 はっきり言って対人スキルはこっちのが上だから負ける訳ないし。
 でもそんなことまでして勝って楽しいのかね。ただの作業じゃん。」
 

そういう何かしらの怒りや、乱戦の姿勢として疑問という言葉ばかりです。

それだけに留まらず、ある方のところでは
「あからさまに恨みを持った検索ワードでブログに飛んできた人がいた」
と聞いています。


どうしてこうなってしまったんでしょう。
私が思っていたのとは全く別の方向に進んでしまわれましたね。




私は長い間静かにしていました。


でも、もう無理です。
限界です。


私だって好きなように色々と発信したいんですよ。
自由なスタイルな記事を書き自由に動画公開したいときにします。

PTを組んでいたときや、PT解散後もまた文句言われたら嫌だなという
思いにずっと苛まれてきました。
何のためにブログやってたんだっけ。
そんな気持ちにすらなります。


動画を公開するなと言われても、聞く耳を持つつもりは
これっぽっちもありません。
私達は私達の好きなようにやります。
他の人の目から見て「これは面白い!」と思って貰えるような試合であれば
全体公開もしくは限定公開していくつもりです。
もし動画を見て、勉強になるなあと思ったり、乱戦面白いなぁと
興味を持ってくれる人が増えたらいいなというのが私の願いですから。


話し合いについても応じません。
根本的に考え方が違いますし、分かり合う必要も無いと考えます。
もう連絡を取ることも無いでしょうし、街ですれ違っても喋ることも無いでしょう。
敵としては出会うとは思いますが。



ただ、10/6の試合で遭遇した際、そちらのPTメンバーの方に
武器の変化が見られたので、そこはほんの少し安堵しました。
そちらのPTの方々は本当は対人面においても上手い人が居るのに、
尖剣の無双やJCしかしないメンバーが目立つために同じような視線を浴びるのは
非常に勿体無いと常々思っていましたから。

世間に嫌われたPTではなく、誰からも認められるPTになってくれることを
私は切に願います。

コメント

コメントの投稿













Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。