04<<  2017.05 >>06
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

冬月

Author:冬月
*まずはごあいさつ*
いらっしゃいませ、迷子空間へようこそ。
使用上の注意をお読み頂き、両足放り出してのさばって下さいませ。
え、2度と来ない?ソウデスカ…。

*使用上の注意*
1.宣伝目的は嫌です。
2.管理人が問題があると判断されたコメントはドナドナ(消去)します。
3.管理人の冬月は適当で、かつホラーです。
4.管理人の冬月は日本語が不自由なので、フィーリングで記事を読んで下さい。
5.寝落ち推奨。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク


検索フォーム


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


珍しく本を購入
昨日、古本市場まで行ってきました(’’ )

基本的に私は本を読まないんですけど、
ちょっと気になる本がありました。

立ち読みしたら面白かったので購入!



『「頭のいい人」はシンプルに生きる』という本です。
著:ウエイン・W・ダイアー
訳・解説:渡部昇一


なんかお仕事関係とかの本かなと思うタイトルなんですけど
内容は自分のために生きて楽しく人生を謳歌しようみたいな…?

自分の思うように相手を束縛するのを加害者
他人により束縛されていることを被害者

という風にこの本では表現しており、
「自分は自分、他人は他人である」ということをズバズバ書いてあります。


他人に束縛された人生はそりゃ楽しくありませんからね(’’ )



その中で特に私の目に止まったのが、
「他人の評価は他人のもの 自分の行動は自分のもの」というところで
加害者がよくこう言ってきますが、それはこういう意味になりますって
ところです。
2つだけ引用紹介。

・「なぜ、あなたがそういうことをするのか理解できない」
→あなたには、自分のやっていることすべてを他人に理解させる責任があり、
 そうしない限りはあなた間違っている、というわけである。

・「私のためにやってください」
→理解できないといくら弁解してもあなたを思い通りに動かせないとき、
 加害者たちはへりくだって今度はこのような嘆願の手をつかう。
 個人的なお願い、とするわけだ。
 やってあげれば彼らをよろこばせることになる。
 あなたはそう考え、やりたくないことでも、やってあげようという
 気になってしまうのだ。
 つまり、やりたくないことでもやってくれるように、
 と言われているのである。


「言葉の本質」を見るとなるほどなぁとすごく納得(’’ )
本人はそういう自覚が無かったとしても、相手を縛り付ける言葉に
なっていることに違いは無いかと。
ちなみに上記の対処法については、一番目は「そもそもみんなに理解してもらう
必要性が無い」、二番目は「はっきり断れ」って感じでした。



私は昔、相手が悪かったとしても正直に言うのがダメなことなのかと
思った時期があり、その結果自分の心を縛り、
他人に縛られていたことがありました。
私は自分より他人を優先させましたが、
結果その他人にいいように使われただけということがありましてね。


納得しきっていない状態で自分を縛って他人の為になるのは
ただのドMな自己犠牲です。
必ずしも他人から自分に何かが返ってくるとは限りませんし、
むしろ、使ってポイも稀ではありません。



そういうこともあったからか、私は「自分は自分、他人は他人」主義ですし
この本に色々共感出来る部分が多くて面白いと感じました[゚∀゚]
ちょっとやりすぎな内容も無きにしもあらずですけどね…w


まぁ、自分と他人は基本的には同等の立場だということは忘れちゃ
いかんと思いましたですよ(´・x・`)

コメント

コメントの投稿













Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。