05<<  2017.06 >>07
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 

プロフィール

冬月

Author:冬月
*まずはごあいさつ*
いらっしゃいませ、迷子空間へようこそ。
使用上の注意をお読み頂き、両足放り出してのさばって下さいませ。
え、2度と来ない?ソウデスカ…。

*使用上の注意*
1.宣伝目的は嫌です。
2.管理人が問題があると判断されたコメントはドナドナ(消去)します。
3.管理人の冬月は適当で、かつホラーです。
4.管理人の冬月は日本語が不自由なので、フィーリングで記事を読んで下さい。
5.寝落ち推奨。


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク


検索フォーム


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


頭を動かすのが辛くて
仕事で頭を使いすぎ、現実逃避に別のゲームしてました。
こんばんぱん、冬月です。


無双オンどころかPCの前に座っていられなかったのですが、
何もしなかったらプライベートなのに仕事のことばっかりを
考えてしまうという負のループ状態だったので、
頭を休めようとオフゲーをプレイしてみました。


3DS用ソフト『ドラゴンクエスト7
3DS用ソフト『心霊カメラ ~憑いてる手帳~


感想、その他は折りたたみます。

ドラクエ7。

とりあえずEDは見たよ、って状態です。
エテポンゲイベントを見逃してしまったのは痛かった。
あー、エテポンゲー。


ストーリーはPS版でやって知ってたのですが、やっぱり良かった。
面倒なおつかいイベントも多いですが、本を読んでる感覚で
なかなか面白かったです。
ただ、面倒なおつかいイベントも多めなので、おつかい嫌いには
イライラする場面もあるかもしれませんね。
私は何も考えたく無かったので丁度よかったですがw



PS版と違う点もいくつかあるのですが、その中でも上級職の特技や
呪文はそれ以外の職業では忘れてしまっていたり、
以前はMPを使わなかった特技がやたらMPを使用するようになっていて、
そういう変更点は個人的に好きになれませんでした。

どくばりの即死確率より、パラディンの即死確率の方が高いように感じられ…
なんか、うーん。
メタル狩りとかプラチナ狩りとか、結局すぐ覚えれる「まじんぎり」で
やっちゃうわけですし、どくばりの即死確率はもうちょっとあっても
いいんじゃないかなぁと思うんですけどね…。


あとは新システムのすれ違い石版および福引き。
PS版の移民の街システムは面倒だったんでそれよりは改善されてると
思うんですけど、PS版を結構やってた人なんかは物足りない気も…。
PS版は町に来た人の種類によって出来る街が変化したんですよね。
若干どうでもいいけど、すごい凝って作ってたと思うのです。
それがなんか変化がないので…寂しいかな…。

すれ違いで人が集めやすい、目指す街が造りやすい!だったら
良かったなぁと思ったりもします。
まぁ、この辺りは好みによる気はしますが、とりあえず自分ですれ違い石版を
掘れるようになるのはすっごい遅いと思いました。


福引きも「当たりが出たのでもう1コ!」ではなく
「当たりが出るのでもう1コ!」状態で
いやもう面倒くさいし眠いし。
当たりが出たら強制福引きが開始されるんですよ。
もう勘弁してくれ!w
10枚の福引き券を使い切るのにどんだけ時間かかるの!?って状態なので
いやもう福引きはいいっすわ…。



…あとはバグが多めってところでしょうか。
ドラクエ7というより、ドバグエ7って感じです。

私はサラサラと流しプレイしただけなのですが…。
こんなにバグと遭遇する!?って感じです。


まず最初に衝撃を受けたのはキメラ。
モンスター職になると、フィールドやバトル中だけその職のキャラが
モンスターで表示されるんですけども…。

翼って、上が骨でそこから羽が下に向かって生えてるものなんですが
キメラの後ろ姿のとき、骨が下でそこから上に向かって羽が生えてました…。
そして上下にバタバタする翼。

「え、なんでこれ気付かなかった!?w」っていう…。
面白すぎて無駄にウィールド走り回っちゃいました。



あと衝撃だったのが、NPCを横から喋りかけたら自キャラの上に
NPCが乗ってしまって脱出不能になったりでしょうか。
はまってやろうと思ったわけじゃないのですが、
無意識で横から喋りかけてしまいアッー!!!!

色んなイベントで横から話しかけたら変な挙動をしていたので、
「横から喋りかけるの危ないなぁ」と思ってたのにやってしまった…。


会社でその話をしていたら、ある先輩は1日で3回止まってしまうそうで…
いやぁ恐ろしい。
こまめにセーブしないとうっかり罠にはまってしまいそうです。



結構面白いゲームではありますが、なんかちょっと勿体無い…
ドラクエ7はそんな感じでした。



心霊カメラ ~憑いてる手帳~

2012年に販売されたホラーゲームです。
ちょっと古い。


ARという機能を使い、付属のARノート(紫の日記)を映すことで
ストーリーを進ませ、謎を解いていく感じなんですが…。
こう、ARを映すとキャラが映し出されたり、映像が流れたりするので
なかなかSFみたいな感じで面白いです。
コレ、なんていう魔法なの?


3DSという媒体越しですが実際に撮影している感じで進ませるので
ベタだけど思わず「ひっ」となる驚かし要素がTV画面で見るのと違って
結構びっくりしやすいですし、ユーザーがやりたくないことをしっかりと
あえてやらせるのが怖さを煽っていてなかなか面白いと思います。
霊の動きもカサカサしてる子とかもいて、これもまた「ひっwww」です。
…G的な意味で。←


ストーリーは短いのですぐにクリア出来てしまいますが、
2周目からのお楽しみ要素もあるし、お手軽に心霊写真が撮れちゃうみたいな
おまけモードなどなどがあるので、クリアした後もなかなか遊べそうです。


私はホラーが特に好きな訳では無く、だからと言って苦手すぎる訳ではないですが、
これは上手くARを利用していて面白いと思いました。




ところで、このホラーゲーム。
ARだと認識されたら白いサークルが出るんですね。

プレイしてたら、ARが全く無い状況で白いサークルが出たり消えたり…。
最初はたまーに出てたのが、頻度が上がって出たり消えたり。
挙句に白いサークルが動き回るという不思議な現象が発生しました。


ゲームよりその現象のが怖いわッ!!!


まぁ、『零 ~月蝕の仮面~』をプレイしてたとき、パーンッ!!っていう
大きな音と共にセンサーバーが飛んでったことがあったので
ホラーゲームやってたらそういうことの1つや2つ起きるよね。

きっと、冬月はホラーゲームとの相性が良すぎるんだと思います。

コメント

コメントの投稿













Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。